本・映画のレビュー

本・映画のレビュー

あなたの何気ない一言が誰かを救うかもしれない

「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」を久しぶりに読み返してみた。後半のクロがつくるを励ますシーンがとてもいい。人生の迷子になってしまったつくるに「あなたには価値がある」とキッパリと丁寧に告げるクロ。そして私の思い出話をひとつ。
2020.04.23
本・映画のレビュー

それでも人生にイエスと言う

コロナ関連で何を書いていいのか分からない日が続いていました。でもインプットの時間が増えているので、おすすめの本・映画・ドラマのレビューを書いていこうかと。昔のブログで書いてた分もリライトしながら、レビューを増やしていきます。
2020.04.13
本・映画のレビュー

希望の糸(東野圭吾)を発売初日に買って、即日読み切った話

人はみんないろいろなものを抱えていて、弱くもあり、強くもあり。生きていれば、葛藤ばかり。傷つくこともたくさんある。伝えたいことがうまく伝わらないどころか、真逆に取られて誤解を生むこともある。 人が人を理解するのは難しい。本当に悪い人なんて誰もいないのに。
2019.07.07
本・映画のレビュー

絶対に観てほしい映画!「SKIN」アカデミー短編映画賞受賞作

短編映画って観たことあります?私はまったく観たことがありませんでした。観る機会もきっかけもなく、縁がないまま40余年。そんな私が、全身全霊でおすすめしたい短編映画に出会いました。それがこちら、「SKIN」です。
2019.06.16
本・映画のレビュー

映画「グリーンブック」がとてもよかったので感想でも

2週間前くらいに「グリーンブック」を観に行ってきました。いまさらだけど、レビューします。最近心がぱさぱさして、潤いが足りてないなーと感じる方、「グリーンブック」は自信を持っておすすめできるので、ぜひ観に行ってみてくださいね。