絶対に観てほしい映画!「SKIN」アカデミー短編映画賞受賞作

本・映画のレビュー

短編映画って観たことあります?

私はまったく観たことがありませんでした。観る機会もきっかけもなく、縁がないまま40余年。

観たことがないからどういうものかも分からず。でも勝手なイメージはあって、「映像系の学生が作る映画」という感じ。

そもそも観る機会がない。20分ほどの映画なんて映画館で上映されないし、テレビの金曜ロードジョーでもやらない。よほどの映画好きじゃない限り、短編映画に触れる機会がない。

…という私が、全身全霊でおすすめしたい短編映画に出会いました。

それがこちら、「SKIN」

画像はwikipediaより引用

調べてみたら、2018年のアカデミー短編映画賞に輝いた作品でした。

SKINを知ったきっかけ

大学が夏休みに入り、ひと月前から日本に帰国している次女。日本に向かうフライトの中で時間をつぶすさいに、1本2時間の映画を観るのに疲れて、短編を観始めたそうです。(長い小説を読むのは疲れるけどエッセイなら読める、という感じだね、うんわかる)

そこで何気なくいろんな短編を観てた次女。

その中のひとつがSKINだったそうで。

「すごい映画だった」
「探してみたらYoutubeで観れる」
「お母さん一緒に観よう」

と、誘われるがままに観始めたところ、引き込まれて、ラストにガツンとやられました。いまだに引きずってます。

SKINのあらすじ

冒頭に登場するのは、ガラの悪そうな白人男性ジャックと、その妻子、仲間の人種差別主義者のチンピラたち。

スーパーのレジで会計をしてもらっていた黒人の男性が、ジャックの息子であるトロイに笑いかける。それが気に食わなかったジャック。駐車場にいた自分の仲間たちを呼んで、黒人の男性に殴る蹴るの暴行をはたらく。

そのショッキングな様子を車の中から目撃する黒人男性の息子。白人グループが去っていく際に、黒人の男の子とトロイの視線が交錯する。

その後のある日、ジャックとトロイは2人で出かけた際、トロイの目の前で父親のジャックが知らない車に押し込まれ…。

ジャックはなんとか家に戻ってこれるのだが、衝撃の結末が。

 

 

感想

差別ってありますよね。世界中どこにでも。

 

「誤解しないでね。私は差別や偏見は持ってないから」
「分かっています。あなたが自分でそう思い込んでいることは」

というセリフがあったのは、ドリーム(Hidden Figures)。

 

差別って、アメリカにあるとか、日本にもある、とかいう話じゃなくて、ひとりひとりの心の中にあるんですよね。間違いなく私の中にも。

 

映画を観たあとで、衝撃が抜けずに、アカデミー賞の受賞シーンもyoutubeで観たけれど、イスラエル出身の監督がスピーチの中で「とにかく教育の重要性を訴えたかった」「子どもたちによりよい方法があることを伝えたい」と話していたのが印象的でした。

 

20分でこのクオリティーはすごいわ。あの短時間で、これだけ考えさせられる映画が作れるなんて。

字幕はついてないけれど、英語が分からなくてもほぼ大丈夫。

これは絶対観るべき映画。ぜひ!

 

 

コメント