留学ってお金持ちじゃないと無理でしょ?という高校生や保護者の方へ

アメリカ留学

現在、2人の娘がアメリカの大学に通っている、全然金持ちじゃない庶民世帯のユカです。

「留学って金持ちじゃないと無理でしょ?」と多くの方は思ってますよね?

アメリカの大学って年間500万も600万もかかるってイメージですよね?
※実際そのくらいかかる大学も多数あり、そちらがマジョリティーなのも事実です。

でも、我が家はそんな大金かけられません。

だいたい一人に年間500万もかかったら、1年で2人合わせて、い、い、いっせんまんですよ。どこのブルジョワ家庭だ。普通に考えて無理。

繰り返しますが、我が家は全くお金持ちではありません。一般家庭です。そんな一般家庭がどうやって留学をさせているかお伝えします。

学費と生活費でどのくらいかかるのか

現在次女が通っている全寮制私立女子大の話をしましょう。

大学からは、セメスターごとに学費、寮費、食費、施設利用費すべてコミコミの請求書がきます。全寮制なので、入学してしまえば、住むところと食べるものに困ることはありません。小さなキャンパス内にある小さな大学なので、あちこち移動の必要もなし。

全寮制女子大なんてお嬢様か?と思われるかもしれません。

が、実際にかかっているお金は、年間の総額で、私立大学に通ってひとり暮らしをさせるのと同額か安いくらい。

日本の私立大学は年間の学費・設備費で低く見積もっても100万を超えますよね。で、一人暮らしをさせるとなると住居費、食費、光熱費、等々でざっくりと月々10万くらい。おおまかな数字になりますが、それをすべて足すと年間で220万円。

我が家がアメリカの大学に1年間払っている総額は、これよりも安い。

なぜかというと↓

理由1. 大学から奨学金がもらえている

娘たちにはありがたいことに奨学金が出ています(返済不要)。

実はこの大学、「世界中の若い女性たちに優れた教育の機会が与えられるように」という理念のもと設立された慈善教育組織が、大学の資本面を強力にバックアップしています。寄付等で広く集められた資金が、ほぼすべての学生に奨学金として提供されているのです。 

この組織、アメリカの各州に支部があり、それぞれの支部が、大学で学んでいる学生を、Adopted child(養子)ならぬ、Adopted student(養生徒?)してくれて、サンクスギビングやクリスマスなど折に触れて、手紙やお菓子、アマゾンギフトカード、ウォルマートカードなどを送ってくれたりもします。

寄付文化のアメリカならではのサポートですね。

ここに限らず、私立大学は、いろんな奨学金を出してくれるところが多くあるので、調べてみる価値ありです。もらえるものはもらわないとね。

もちろん、GPAを高い点数でキープする必要はありです。

 

理由2.学内バイトができる

アメリカでは法律上、F1ビザ(学生ビザ)で入国している者は働くことができません。しかし、学内でのバイトは例外となっています。

大学側に雇用してもらえば、留学生でも堂々と働くことができるのです。

娘も週に5日は朝7時からダイニングホール(学食)で働いています。ペイチェックをもらえるので、その分でほしいものの購入や、長期休みの移動にあてている模様。

 

ほかにこんな大学もある

例えばアメリカにはこんな大学もあります。

College of the Ozark

College of the Ozarks | Hard Work U.

ミズーリ州にあるこちらの大学。なんと学費無料。その分学内で働くことが義務付けられています。留学生の受け入れもしています。

留学生の場合、TOEFL Score は550(paper based)か 79-80 (internet based) もしくはIELTS Score で5.5。

留学を希望する高校生なら、勉強すれば十分クリアできるレベルじゃないですか?

 

Brigham Young University

Home

アメリカで学費の安い大学と検索すると上がってくる大学。ユタ州にあり、モルモン教の教会がベースとなっています。

ホームページで学費のところを見てみると、確かに安い。安い中でも、モルモン教徒か否かで、学費が倍くらい違ってきます。そりゃそうだよね。

コーヒー、アルコール等はNGなので、そのあたりが悩みどころか。その分治安はよさそう。

 

まとめ

自分が学部留学の素晴らしさを知っている分、お金で諦めない人が増えることを祈って、この記事を書きました。本気で探せば、安く行ける方法ってまだまだあります。

 

あ、本当にトップクラスに優秀な子なら、フルブライトがあった!

奨学金制度一覧| 日米教育委員会 EducationUSA
日米教育委員会は日米両政府からの拠出金により運営され、日米の人物交流による相互理解の促進を目的に、フルブライト奨学金事業、アメリカ留学に関する相談サ-ビス事業を行っています。

 

フルブライトは相当優秀でないと難しいだろうけど、高校生なら自分で英語のサイトを見て、労力をかけて探すことが大事。分からないことがあれば、大学に直接問い合わせてみたらいいと思います。きっと親切に教えてくれるはず。

エージェントまかせにしてたら、当然お金はかかります。英語で自分であちこちアクセスしてみてください。英語で一次情報を得られるというのは、必ず強みになります。

 

さて、

「日本で私大に出してひとり暮らしさせるよりも多少マシ」とはいえ、庶民な我が家にとっては莫大な金額です。2人まとめて大学生を抱えているご家庭なら、みな同じような家計状況でしょう。数年間…なんとか乗り切るしかない!同じ悩みを抱えた親御さんたち、お互い身体に気をつけてがんばりましょうね(苦笑)。

コメント

  1. Aki より:

    素晴らしいページを偶然見つけて、嬉しく思っています。
    私も1991から1年間だけですが、アメリカの大学にいたので、おっしゃること(早期英語教育について)全てうなづきながら、読みました。
    まだ他をしっかり読んでいないのですが、ここは、「その手があったのか」と目から鱗でした。(うちの子は日本政府と民間の「トビタテ」で一年だけ行きました。)
    一点だけ言わせてください。素晴らしいページだからこそ、なのですが、
    GPA、セメスター等は、留学したいなとか、させたいなと思ってここを見つけた人には、分かりにくい言葉かも。マジョリティーさえ、分からない人もいるかもと、ちょっと老婆心的な心配する老父からの書き込みでした。素晴らしいからこそです。ロドニーキングさんの名前を忘れられない世代より。

    • ユカ ユカ より:

      AKIさん、ありがとうございます!
      更新が滞っててお恥ずかしいのですが、こうやって見てくださる方がいらっしゃるのは本当に嬉しいです。
      同時期にAKIさんもアメリカで勉強されてたとは、それもまたなんだか嬉しいです。
      言葉へのご指摘、確かにそうですね。ページ内に補足を入れた方が分かりやすいかもしれません。ご指摘くださりありがとうございます。年末にはブログの更新と修正をかけるつもりなので、そのときに補足を入れようと思います。最優先で!
      留学に関しても更新したいことがたくさん出てきたので、またぜひ遊びにきてください。(ちゃんと更新しろ自分って感じです、汗)